ショッピング

古銭って何?意外と知らない古美術品!(硬貨編)

CIMG0036

いわき市・北茨城市を中心に、硬貨の販売、買取を実施している植田コインさんを取材してきました。


今回は、いわき市植田にある「植田コイン」さんにお伺いしました。


皆さん、古銭って何か知ってます?

まぁ、字のごとく「古いお金」の事なんですが、お金は生活していく上では必要な物ですよね。

そのお金も時代や国によって様々作られて沢山の種類があるんですよ。

通貨や紙幣、コインなど扱っているお店なんですが販売は勿論ですが、硬貨を高価買取してくれるんです。※気付くかな?

例えば、「昔、おじいさんが海外旅行に行った時の記念に現地の通貨やコインを取っていたが必要なくなった。」

「蔵や倉庫を整理したら、古いお金が出てきた」

等など、有る家には有るんです!

でも、昔のお金は現在の通貨として使用は出来ませんよね。

ですが、古銭専門店等で査定してみたら当時の価値以上に現在の金額に直すと高くなるかも知れませんよ???


貴重な物から掘り出し物まで販売は勿論、買取強化中


 

買取強化中

店内には、様々な年代や色々な国の古銭やメダルが並んでいるので販売専門かと思い気や

持込して頂いたコインなどを、その場で査定してくれます。

但し、お店は不定休なので事前に電話にて予約をいただけると確実に対応できるそうです。

また、お店は植田にありますが、北茨城市からいらっしゃるお客様もたくさんいらっしゃるんだとか。

査定に関しても、某買取専門店の様に「こんなもんかな?とか、本部で決まってる金額だから」というわけではありません。

店主さんが、一個一個の査定金額を「これは何年のコインで市場に沢山出回ってるから、いくらです」

「これは、記念のコインで数量限定なので貴重なので、いくらです」等とちゃんと説明してくれますよ。


で、どんな古銭・硬貨が価値あるの?


 

古銭・硬貨

分かりやすい例で言うと、「明治初期より前のお金」や「東京五輪の記念コイン」や「現在の通貨のエラーコイン(穴の位置がズレているとか)」が価値あるそうです。

が!

店主さんが、個人的に買取に色を付けちゃうかも知れない物も個人店だから有るんです!

それが、これ。

ピアストル

PIASTRE DE COMMTRCE

インドネシア系のコイン {ピアストル}ってコインが出てくれば嬉しいそうです。

ベトナムやインドシナ、安南などの古銭は店主さんが個人的に好きなので力を入れて買取たい品だそうです。

他にも、古銭専門書籍や刀剣の古美術書なども嬉しい一品らしいです。

古銭専門書籍や刀剣の古美術書

古本屋に持ってく前に専門店に査定してみたら?


古美術だけど、古けりゃ良いわけじゃない


 

ただ、古銭だから製造年代が古ければ高いのか?というと違うんですよね。

同じ様なコインが2枚あっても、買取金額が異なります。

一年製造年月日が違うだけで、価値は変わりますし何より「ピカピカで綺麗だから高い」は×ブーです。

価値を上げる為に、査定前に酸化したコインを磨いたり、薬品を使ったりして綺麗にしてしまっては逆に古銭

の価値が下がるそうです。

酸化して緑色になっていたり、紙などにくっついてしまってても「そのままの状態で」持込査定をして欲しい

そうです。

北茨城市も対象に、硬貨を高価買取中

状態が良ければ、良いに越したことはないけど綺麗にしたからって、

価値が上がる物じゃないのが古美術なんですって。

奥が深いっス :roll:

 


店舗情報


IMG_0206

店舗名:植田コイン

カテゴリー:ショッピング-販売・買取

住所:福島県いわき市東田町1-27-13別棟2F(ハローワーク勿来さんの裏です。)

電話番号:0246-63-7045

営業時間:11時~18時半【定休日:不定休】

備考:いわき市のみならず、北茨城市のお客様も大歓迎です!!

 

店舗詳細情報はこちらバナー

 

この記事を書いた人

ここりんくいわき編集部 #2

コメントを残す